Client Devices of OmniFocus


OmniFocusのデスクトップ版とiPhone版を同期している場合、デスクトップ側では同期しているデバイス(Mac、iPhone)を管理している。

デスクトップ版で
環境設定 → 同期タブ → クライアント
とみていくと、各同期方法(MobileMe、Bonjour、WebDAVなど)毎に同期しているデバイスの一覧を見ることができる。
(左図)

普通はMacとiPhoneそれぞれ1台づつだと思うので、計2台のデバイスが表示されるが、時に複数のiPhoneが登録されている場合がある。

具体的には、いったんiPhone側からOmniFocusをアンインストールした後に再インストールした場合。
アンインストール前と後で別のデバイスとして認識される。

これが不具合なのか仕様なのか判らないが、余計なデバイスが登録されていると同期処理に余計な時間がかかる。
明らかに使っていないデバイスであれば、パネル左下の「登録を解除」ボタンを押しデバイス登録を解除すれば、次回以降の同期時間が多少は短縮されるかもしれない。

まだ試してないが、iPhone 3Gから3GSに機種変更した場合も、同一のデバイスではなく複数デバイスとして認識、登録されるかもしれない。
3GSにしたけどOF for iPhoneの同期が遅い・・・という場合には、ここをチェックしてみるとよいかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加