デジタルサイネージ観光案内

デジタルサイネージ観光案内

六本木を通りかかったら見慣れない観光案内標識が目に入りました。 おそらく今日お披露目されたばかり。 よくある案内板、観光案内かと思いきや、デジタルサイネージの案内標識でした。 あっちへ行くと六本木けやき坂、こっちへ行くと六本木ヒルズと普通に案内がありますが、地図の下...
Paul Rodgers の Free Spirit Tour

Paul Rodgers の Free Spirit Tour

ポール・ロジャース が'FREE Spirit Tour" と名付けた英国ツアーを5月に行っていたんですね。知らなかった・・・ 「 ポール・コゾフと出会ったのが50年前の1967年で・・・ 」とFree結成前夜について語りながら今回のツアーについて説明してい...
Bad Companyの中期アルバム

Bad Companyの中期アルバム

Bad Companyは去年1977年と1979年のライブを収録した2枚組アルバムが突如リリースされ、ちゃんとしたオフィシャルな形で、しかも後半の全盛期の演奏が聴けて狂喜乱舞したのもつかの間、今度はその時期のアルバム2枚、Run With The PackとBurnin'...
アナログレコードの復権

アナログレコードの復権

アナログ・レコードの生産枚数、欧米では2005年頃、日本では2009年頃に底を打った後、どんどん生産、販売枚数が復活してきています。 正直最盛期の生産数まで戻ることはもうないと思いますし、ライトなユーザ層ではこのままデジタルデータでのストリーミングが主流になるんでしょうが、そ...
King CrimsonとHeroes

King CrimsonとHeroes

今年はDavid BowieのHeroesリリース40周年。 Heroesでリードギターを弾いていたロバート・フリップはKing Crimsonのライブでもよくこの曲を演奏してます。 今回は2016年ツアーでのライブをトリビュートEPとしてリリース。 既にYouTubeの...
Fleet Foxesと東尋坊

Fleet Foxesと東尋坊

田原桂一、アラーキーと写真家の話題が続いたので、さらに続けて濱谷浩。   Fleet Foxesの最新アルバムのジャケットに濱谷浩が撮った東尋坊の写真が使われているんですよ。  言われなければアイスランドとかニューファウンドランドとか北大西洋の寒い海かと思っていただろうけど...
田原桂一とアラーキー

田原桂一とアラーキー

今日は午後から銀座に出かけてポーラミュージアムで田原桂一の「Les Sens」、 シャネルでアラーキーの「東京慕情」、 最後にエルメスで「ポー川のひかり」とハシゴして帰宅。 6月6日に亡くなった田原さんのLes Sensは少ない作品をじっくり鑑賞できるよう工夫がされていま...
ホールフーズ Vs. ビオセボンを見たかった

ホールフーズ Vs. ビオセボンを見たかった

米アマゾンがホールフーズを買収し、その意図や今後の見通しについていろいろ語られていますね。たとえばこの 東洋経済の記事 とか。 個人的にはホールフーズは何で日本に進出しないのか? 来るなら早く来ればいいのにと思っていたし、アメリカでホールフーズを知った多くの人も同様に思ってい...
トッド・ラングレンの新作は

トッド・ラングレンの新作は

トッド・ラングレンの新作「White Knight」は予告通りのブルーアイド・ソウル路線! ここ10年位のトッドはまぁ新しい音といえば新しい音で、それはそれでトッドらしいと も言えるんだけど、じゃ積極的に聴くか? というとそれもまた微妙で。 結局試聴はするけどスルーばかりだ...
David Bowieの蔵出しライブ

David Bowieの蔵出しライブ

天王洲で開催していた「David Bowie is」は結局3回も足を運んでしまいました。 最初にざっと観て、見落としていたものに気が付いてもう一度行って、最後に念のためにもう一回。 あんなに網羅的に、しかも判っている人たちがキュレーションしたのでどんなボウイマニアでも納...
蔵出しライブのLadies & Gentlemen

蔵出しライブのLadies & Gentlemen

2000年代のスタジオ新作は2枚だけ。しかし昔の蔵出しライブ、いわゆるFrom Vaultモノは怒涛のようにリリースされ、正直ついていけません。 今のところの最新作が1972年のUSツアーのライブ「Ladies & Gentlemen」 これ、1974年に劇場用映...
Robyn Hitchcockの新作

Robyn Hitchcockの新作

5年ぶりのポストRobyn Hitchcockの最新作。  昨年10年ぶりくらいに来日してライブをしたんだけど残念ながら行けず。 その代わりの最新作は往年のロビン・ヒッチコック節が復活した素晴らしい出来だった。  2000年代の作品は内省的でヘヴィーなものが多かったけど...
このエントリーをはてなブックマークに追加